さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

応用編 お手伝いシステム

こんにちは、おりんです!

前回は家庭の分担システムについて、考えたことをまとめてみました!

今回は応用編と題しまして、子どものお手伝いもシステム化してみたいと思います!
小学校低学年(〜10歳)向けですので、中高生で手伝わないお子さんをお持ちの方はすみません!

 


・お手伝いさせることの難しさ

子どもがいる家庭では、率先してお手伝いをしてほしいと願う親御さんが多いと思います!

 

しかしなかなか手伝ってくれないのが現実でしょう。
頼んでもやってくれない、やっても途中やりで結局自分でやるはめに、、

 

「お手伝いくらいしてよ!!怒」
なんて言いたい、または言っている方もいるんじゃないでしょうか?

 

でも素直に言うことを聞いてくれない子ども、、
そこでまずは、その理由から考えて行きましょう!

 

・「したくない気分」

子どもにとって、気分とは最優先されるものであると思います!
自分の気分に従って「したい、したくない」を決めてるんです。

「お手伝いしたくない気分」
この時の子どもには何を言っても無意味でしょう(笑)


しかし気分とは変わるものでもあります。
と言うことは、もちろん「したい気分」の時が来るはず。
ならば、親は極力「したい気分」の時を見極めてあげるといいでしょう。

 

ただ、これだけだと「そんな時間はない」とか、「今してほしい」とか言う反論が聞こえて来そうですね(笑)

じゃあ簡単!
「したい気分」にさせればいいんです!!
方法は後ほど紹介します。


・「何をしていいかわからない」

お手伝いをしてくれないと悩む親御さん
もしかして子どもに「お手伝いして」だけしか言ってませんか?

その言い方では、おそらく子どもは進んでお手伝いをしてくれないでしょう!
なぜなら、「お手伝い」と言われて、何をしていいかわからないからです!


「察しろ」とか言ったらダメですよ?
そもそも何もわからない子どもに「察しろ」なんて思うことがおこがましいと思います。

 

いきなりイライラしたお母さんに「お手伝いして!」
これだけ言われても子どもが動くはずがありません!
ましてやお手伝いした後に、「できてない」とか「もっとちゃんとやって」とか言ってませんか?

これでは全く逆効果になります!
絶対次からやりたくないって思いますもん(笑)

 

子どもは、「お手伝いして」に反応して動くロボットではありません!
何をしてほしいのか、どれ位をこなして欲しいかをきちんと伝えてあげて下さい!
「お手伝いして」→「お掃除して」
こう言い換えるだけで、子どもは何をしてほしいかわかります!


また、作業工程や求めるレベルもしっかり教えてあげてください!
普段自分がどうやっているかや、どこまでしたらOKなのかを伝えましょう!

 

やり方さえわかれば、お手伝いのハードルはぐんと下がります!
「忙しくて無理」なんて方は、やり方をメモに書いてでもいいので伝えてあげて下さい。
それくらいの時間は作れるはずです。
それすら出来なければ諦めて下さい。

 

・解決策「お手伝いシステム」

お手伝いしない理由、上記2点から対処法を考察しました。
「お手伝いしたくなる工夫」「お手伝いの具体化」が必要だと言えます!

そこで先日の家事負担度を利用しましょう!
前記事《http://ooorinnposu.hatenablog.com/entry/2017/06/11/「家庭=会社」システム化して家庭を円滑に回せ》

 

システムは簡単!

子どもを従業員として働かせちゃうんです!
子どもが家事をしたら、家事負担度に応じた報酬を与えるだけです!

 

改めて家事負担度の説明をします。
家事負担度とは、家事一項目における負担の量から表される家事の点数。
つまり、家事を大変さを点数化したものです!
例えば、洗濯2点、風呂掃除3点などのように点数設定をします。
この家事負担度に応じて、「1点につき10円」や「30点で遊園地」などの報酬を決めます。

 

家事負担度を決める際に、家事の内容(作業工程)と、クリア条件(求める基準)をあらかじめ決めておきましょう。
子どもがわかりやすく、手伝いやすくなります。
またクリア条件があることで、一定レベルまで達成することを目標にしておけば、二度手間を防げます!

 

もので釣る感じがして抵抗のある方もいるとは思います。
しかし、無償で働きたい人はいません。
(育ててあげてるんだから無償じゃないとかは言っちゃダメ)
あくまで子どもの自主性に任せて、やったらやった分だけ、家事負担度に応じた報酬を与えてください。

子どもの駄々対策としても、小さいうちから「欲しいなら働いて稼ぐ」を身につけさせたら一石二鳥かなと思います。


・注意!お小遣いについて

最後にお小遣いについてです。
先ほどと矛盾してしまいますが、お小遣いは少しでいいのであげてください

 

子どもがお手伝い(家事)で稼げるお小遣い(報酬)には限界があります。
お手伝いは有限なので、どれだけ多くやっても報酬の上限は決まってます。
また、学校や用事でお手伝いができない時もあるので配慮してあげて下さい。

 

あくまでも家事負担軽減のためのシステムであって、子どもに家事を押し付けるシステムではないので注意してください!


・まとめ

子どものお手伝い問題を解決するお手伝いシステム、いかがだったでしょうか?

最初に家事負担度を設定しなければ行けないので少々大変です。


しかし、子どもにもわかりやすいポイント制なので、ゲーム感覚でやれるんじゃないかと思います!

ギリギリ足りないくらいのお小遣いを支給して、上手く労働意欲を掻き立てられればベストですね!

 

お手伝いでコツコツってのもいいですし、今なら小学生でもネット一つで価値を生み出せる時代ですし、そういうもので稼いでいたら今後強いと思います(笑)

 

「お手伝い」は家庭において、かなりの価値を生む行為です。
家事労働の時間が減れば、その分親は別の時間に投資できます!

お子さんも家族の一員として、上手に家庭運営に携わらせてあげてください!

「家庭=会社」システム化して家庭を円滑に回せば生きやすくなる

こんにちは、おりんです!

6月も半ば、もうすぐ1年も折り返しですね。
さて、6月といえば、、、

 

梅雨!!!

 

ではなくて、、、

 

ジューンブライド!!!笑

 

そう!結婚です!!

そして結婚するということは、家庭を持つということになります!

 

というわけで僕の考える理想の家族論についてです!!(強引)

 

 

家庭を円滑に運営するために必要なこと
それは「家庭=会社」をイメージすることです!

まあ、会社という表現が気に入らない方もいると思います。
要は「徹底した分担システム」を作り、業務効率化を行います!

 

・分担の問題とは

僕の考える理想の家族とは、負担のバランスが夫婦(または子供を含む)共に釣り合っている状態です。

 

家庭を運営するにあたり永遠の課題となっているのは、夫婦の負担の差であると思います。
未だに多くの家庭では、夫が会社勤めで妻は主婦(専業またはパート)じゃないでしょうか。
僕の家庭も母は数年前まで専業主婦でした。

 

そこで負担を平等にしてやれば幸せハッピー!


なんて上手くは行かないでしょう。
従来の考え方では、負担差は単純に割り切れないからです。

 

最近でこそ夫婦共働き家庭をよく聞くようになりました。
共働き家庭ではお互い仕事をしている分、家事も割り振って担当することが多いと思います。


しかし、それでもまだ足りないでしょう。
なぜなら、分担が適正化されていないから!

 

・不十分な分担の弊害

さて、共働き家庭がいざ家事も分担しだすと問題が起きます。

妻「夫がろくに家事をできない!!怒」

これってよくある話ではないでしょうか?

夫に任せてはみたものの、家事達成率が低く感じてしまう。
専業主婦から共働きへ移行した家庭の妻だと特に気になるのでは?
それで結局自分でやった方が早いから、やってしまうなんて事も。


でも、夫だってせっかくしたのに文句を付けられたら
夫「やってるつもりなんだよ!!怒」
って言いたくなるはずです。

 

結局お互いイライラ〜
これではせっかく分担しても意味がありません。

 

 

お互いに感謝しあいましょう!
妻「慣れないことをやってくれてありがとう♡」
夫「いつもこんな大変なことをしてくれてご苦労さま♡」

こんな感じ

 


なんて精神論を語るつもりはありません!!
即!!
即、適正化すべきです!!

 

・前提として意識を変える

『逃げ恥』
逃げるは恥だが役に立つ
一時流行りましたね!

主人公・森山みくりが、お相手・津崎平匡と「従業員と雇用主」という関係の契約結婚を結ぶ話です。
キュンキュン、コメディ、でも考えさせられるドラマでした。

 

さて、家庭の分担システム導入においての理想は、『逃げ恥』の2人の家庭運営システムを実際に落とし込むことです!

 

まず夫婦は「家庭という会社の最高経営責任者(CEO)」になります!
家庭の管理運営は共同で行うという意識が必要になってきます。

次に、夫婦は「家庭の一般従業員」でもあります。
共働きであれば双方に仕事をしますし、
家庭である以上、家事育児もあります。

夫婦は家庭を運営するパートナーであるとともに、仕事仲間でもあるのです。
それでは具体的な分担方法を説明します。

 

・共同の財布

分担する際にしっかり考えておくのはその割合。
家計負担度家事負担度の2つの指標で考えると良いと思います。

 

パート主婦の場合、家計負担は夫より少ないでしょう。
逆に最近では妻の方がバリバリ働き、夫より稼ぎが多い可能性もあります。


そこでまず、家計負担を考える必要があります。
なぜなら、家計負担が大きい方が家庭内で優位に立ちやすくなってしまうからです。

「俺(私)の方が稼いでいるから」
そう言われてしまえば適切な運営は叶わないでしょう。


そこで家計分担の際、「共同の財布」を作ります。

「共同の財布」という概念は認識している方もいると思います。
家庭を運営するための財源であり、生活費、公共料金の支払いに当てます。

この「共同の財布」に入れるお金の負担の割合が「家計負担の割合」です。

 

・家計負担度と分担システム

家計負担の割合を決める方法は3つあります。

 

1、完全折半制

共働き家庭の分担においては、オーソドックスな例ですね。
家計負担を50:50にすることで、負担額を平等にすることができます。

メリットは負担額が平等であるため、先述した家計負担における優位性を無効化
デメリットは収入に差がある場合、低収入側の負担率が高くなることです。

 

2、同率負担制

こちらは各人の収入から同程度の割合を負担する制度です。

 

例)
負担率が25%
(収入)
Aさん ¥240,000 Bさん ¥160,000

(負担額)
Aさん ¥60,000 Bさん ¥40,000


このように互いの収入から、同率(同額ではない)負担するものです。

 

メリットは片方が低所得の時、低収入側の収入を負担額が圧迫しないこと
デメリットは収入差が大きい場合、高収入側から不満が出やすいことです。

 

家事分担は互いの負担額の差に応じて、比率を考えるのがベストでしょう。

(注)
割合は各家庭で各月(年)事に、その都度変動させてください。
計算簡略化のために、適用額は端数を切り捨てた方が良いですね。

 

3、負担比分割制

最後の制度は「負担比分割制」です。
家計負担と家事負担の比率を連動させます。

 

例)
Aさん負担額 ¥60,000
Bさん負担額 ¥40,000の場合
家計負担 6:4 のため、
家事負担 4:6 となります。

 

メリットは比率を調整することで、得意な方に注力出来ること。
デメリットは分担比率の調整が上手くいかないと偏ることです。

 

分担比率の偏りは双方の合意でない場合、負担の押し付けになりかねないので注意が必要です。

 

 

・家計負担度

さて、家計負担を分割したらようやく家事分担です。
(ここまでしなくてもしっかりと分担できていれば理想ですが)

 

家事分担システムにおいてまず決めるべきこと
それは家事負担度です。
家事負担度とは、家事一項目における負担の量から表される家事の点数
つまり、家事を大変さレベルで点数化します!
洗濯2点、風呂掃除3点などのように点数設定をしていきます。


この点数設定のポイントは、家事負担度(大変さ)が主観であること
料理好きなAさんにとって料理は2点でも、料理が苦手なBさんには5点に感じるでしょう。

 

そこで2つの方法です。
家事負担度を話し合いにより統一する
お互いに点数化しておきます。

 

統一する場合、双方の得手不得手をチェックしておき、なるべく得意な方が請け負うことで効率化されます。

お互いに点数化する場合、点数の低い(その家事が得意な)方が行うことで負担軽減と効率化ができます。

それでは具体的に適用していきましょう!

 

・家事負担システム

ここまで来たらあとは簡単!

先ほどの家計分担システムに、家事負担度を合わせます!

家計分担システム1〜3いずれかを選択し、負担度に応じて家事を割り振るだけです!

 

1、完全折半制
(家計負担50:50→家事負担50:50)

2、同率負担制
(互いに収入からn割出し合い、負担額の差に応じて家事負担を分ける)

3、負担比分割制
(家計負担 X:Y の時、家事負担 Y:X)


全体の流れはこうなります!
家事に家事負担度を付ける(点数化)

家計分担システムを選択

家計分担システムに応じた「家計・家事負担」を割り振る

 

この時、家事分担システムで決めた家事負担度を利用。
家事を割り振って点数(家事負担度)を足していき、家計負担度の比率と合わせます。
家事分担のとき、得意な方(家事負担度の低い方)が行ってあげてください。
相手に余計なストレスを与えず、全体の家事負担度も削減でき、業務の効率化を図れます!


・まとめ

長きに渡る家事分担の問題
「家族だからやって」と言うだけではやってくれない。
流石にそろそろ理解したと思います!


まずは明確な運営システムを作り実践する。
行動を起こすだけで多少なりとも変化は起きるはずです!

 

もちろん、ここに書いたことをそのまま取り入れても100%上手く行く保証はないでしょう!
しかし実践してみることで意識付けをし、各家庭ごとに話し合ってシステムを改良していってもらいたいです!


長々と説明しましたが、うまくシステム化出来なくとも問題ありません!
この家庭運営システムを通して、家庭の在り方を見直すとともに、

「家庭を運営するということ」について考える機会になればと思います!

 

そして夫婦で話し合い、意見を出し合って幸せな家庭を運営して頂ければと思います!

部活が嫌なら早く辞めた方が良き!

こんばんは、おりんです。

5月になって徐々に新生活に慣れてきた頃だと思います。
明日からはゴールデンウィークも始まり学生はワクワクですね。


さて、多くの学生は部活(サークル)に入ってると思います。
野球、サッカーなどの運動部や、書道、美術などの文化部がありますね。
学校によっては聞いたこともないような部活もあるようです。

新歓イベントも徐々に落ち着いてきて、新入生の方もそろそろ入部したんじゃないでしょうか?

これで部活に入った皆さんはもれなくハッピースクールライフですね!!

 

 

 

なわけあるかい!!!笑

 


入ったけど合わない新入生諸君!
嫌だけど我慢している上級生!

そんな人達に解決策です!


やめましょう!!!


・皆入ってる?部活のメリット

多くの学校では部活があります。
1年生は新歓、仮入部を経て所属するのが一般的です。

部活の大きなメリットは、集団に所属できることだと思います。

同じ趣味を共有できるのでクラス以上に仲良くなれますし、
仲間と打ち込めるので楽しく技術を向上できます。
また縦のつながりがあるので、先輩後輩が強いパイプになってくれることもあります。


・継続の重要性

部活はだいたい2~3年続けて、引退が多いんじゃないでしょうか。
運動部だと3年の夏が多いイメージです。
僕の所属していた高校の演劇部では2年の末で引退でした。

 

引退時ってすごい寂しくなるんですよね。
2、3年過ごしたコミュニティからの強制退去って感じで(笑)
だいたいの人がOBOGとして顔を出し続けたりなんかもありますね。

そんな環境にいると部活を続けることって自然と、当たり前になっていきます。

 

また部活の継続には繋がり以外にもメリットが!
「引退まで続けると推薦に繋がる」
これです!!!
この制度があるので、とりあえず所属して名ばかりの継続記録を残す人もいるはずです。


この制度には日本独特の忍耐力評価が根底にあると思います。
皆大好きな「石の上にも三年」
耐える、続ける、努力って大好きですよね?笑
学生時代から成績と並んで、出欠や継続は大きく評価対象になるんです。

 

・でも辛いもんは辛い

ここまで部活のメリットを書いてきました。
友達できて、趣味楽しめて、評価も上がって万々歳だ!!

 

 

なわけあるかい!!

全員万々歳なら苦労しないわ!笑

というわけで、部活に所属しながらも万々歳じゃない君!

辛いなら辞めてしまおう!
無理して引退までいても、感動の涙なんて1滴たりとも出やしないぞ!笑


・継続思考のデメリット

さっきも書きましたが、日本人は「石の上にも三年」が大好きな民族です。
耐える、続ける、努力の重要性は、
幼稚園から始まり社会人になってもなお言われ続けます。

 

確かに継続すること自体は素晴らしいものです!
長年の努力は何かを成し遂げるのには必要不可欠です。
僕はそこに文句があるんじゃない!!


「継続が強制される風潮」
これをやめるべきなんです!!!

 

学生時代の3年間は長くも短い!
たかが3年、されど3年なんです!

3年間続けることは大きな経験になります!


しかし大きな経験は、学校の部活という小さなコミュニティでなくとも出来ます!
今の時代、インターネットでいくらでもつながれる。
むしろインターネットの方が学校より、もっと大人数かつ幅広い世代と関わることができます!

 

・やめたって案外気にしてない

「辞めたいけど引き留めてくる」
「辞めると後が気まずい」

 

気にしちゃダメです!!!

残ったところで熱意もなく、活動に身も入らない。
これでは時間の無駄です。
サクッと辞めて、やりたい事をしちゃいましょう。

 

止める時はしつこかった人達も、案外すぐに忘れてます。

 

というか、会社じゃあるまいし引き止めんな!笑
流動性の低いコミュニティは、人口流出を怖がって縛りがちなんですよね。

「掛け持ちOK」「来たい時に来て楽しむ」
学生ですしこれくらいが楽しむには理想だと思います。


・まとめ

嫌なら早くやめよう!!

 

辞めようか悩む時間が勿体ない!
また、悩むことでストレスを感じ健康に悪影響を与えるかも知れません。

自分に合うことを探す、やる時間は大事です。


所属した部活を楽しめれば文句無しですが、
合わなかったからといってダラダラやるのは勿体ない!

短い3年間を有意義に使うためにも、周りは気にせずバッサリ行きましょう!