読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

生きる意味に悩まされた

考え方

 

 

こんばんは、おりんです。
久しぶりのブログ更新は、2月に入ってから生きる意味に悩まされた話です。
最後以外ネガティブなので飛ばして構いません。

 

 


・悩みのきっかけ


2月初週に集中講義がありました。
内容は戦後の若者文化について


その中の60~70年代の学生運動についての話が僕を苦しめます笑

この時代、若者は社会を変えるという熱い思いを持って生きている。
そして手段はどうあれ自分の意思を重んじ、行動して主張していたように感じました。

 

そんな若者たちの姿や話を聞いているうちに、「自分は何のために生きているのか、何を成したいのか」を考えることに笑

 


これが答えが出ずに悩みまくる地獄の2週間の始まりです笑

 

 


・人が生きてる意味は無いのでは?


僕は迷惑かけなければ自由でいいと思う。

その範囲でなら自分のやりたいことをやっていいと、、


でも「やりたいこととは何か、やらなくても別にいいのではないか」なんてのが始まってしまう。

 

 

また「自分がどう生きていくか
僕の価値観『ミニマムに変化しながらゆるく生きる』
それが結果として何を成せるのか」
問いは時間を問わず語りかけてきます笑

 

 

そっからは回り回って、「そもそも生きてることに意味は無い
『産まれたから生きるのだ』なんて言われても、産まれたこと自体に意味はあるのだろうか」
そんなことまで考え始めるように、、

 

 

 

・結論未だ出ず


結局生きる意味なんて考えても仕方ないんです。
だって出てこないんだもん!笑

 

 

いや、人それぞれで持ってる人は持ってると思います。

「俺はこう生きたい、私はこうなりたい」

 

でもこれはそれぞれ自分で見つけるものであり、きっと人がどうこう出来るものでもない。

 

「人生は生きる意味を見つける旅」
とか
「生きる意味を探すことが生きる意味」
という考えもありましたが、それもなんとなく腑に落ちず、、

 

 

 

・原因は満たされてるから


こんなことを考えるのはきっと現状に満足しているからだと思いました。

 

「足るを知る」「ゆるく生きる」
その意味をきっと履き違えて解釈しているので、こうなってしまったのでしょうか、、

 

 

また現状に満足している一方で、一年後には社会人になるという変化があります。
先の見えない不安の中で、道しるべが欲しかったのかなとも考えられます。

 

いずれにしろ明日も知れぬ命ならこんなこと考える余裕などないはず。

 

 

家で転がってこんなことを延々と考えるなんて、生産性の欠片もない!
(でもそもそも生産性を求める必要はあるのか)

こんな感じで出てくる意見をすべてなぎ倒してました笑

 

 


・とりあえず生きてみる


こんな話、聞く人によってはとんでもないと思うでしょうが、僕にとっては本当に真剣な悩みです。

考え始めてから20日は経ちますが、休日は1日悩んで終わる日々でした。


なので現状は「とりあえず」生きます!


決して「なんとなく」生きるのではなくて、「とりあえず」目の前のことに集中して生きるって感じです。

 

 

「とりあえず」生きていれば、答えに巡り会えると思って。

不安に向き合う3つの方法

考え方 ライフハック

 

 

こんばんは、おりんです

 


皆さんは漠然とした不安に襲われるときはありませんか

 

僕は結構あります
自分はこんなことをしていていいのかとか、どうするべきかとか

 

 

自分の中での理想と離れてしまっている時、何かが迫って来た時が多いです

 

 

期限なんかに関しては、終わらせてしまえばそれまでなので、そこまで悩まされることはありません


しかし、自分の理想とかけ離れた時、大きな選択のとき、自分がどうすべきか見失った時は、とてつもない不安に襲われます

 


僕の場合モヤモヤすると動けなくなり、脳が詰まった感覚がして思考が停止します
そして止まる自分に自己嫌悪し、焦りが生まれて余裕が消えます

 

 

 

そこで、そんな時に試すと効果がある3つの方法を書きたいと思います

 


1.人と話す


大体不安になった時、自分ではどうしようもないです
客観視できずマイナスの感情に潰されます

 

そして僕は心配症も相まって、1人で考え込むと余計なことまで出てきて、大概発狂します(笑)
笑えないですけどね

 


そこで人の力を借ります
他人の客観的な視点から意見をもらい、今の自分の立場を改めます

 

客観視って大事ですが、自分では分かっていても視界が狭くなりがちなので、周りの人に頼りましょう

自分が思っている以上に、冷静に見直すことができます

 

 

 

2.変身する


ふざけてません!!笑

以前:「自分を変えるなら髪を切れ!!」

http://ooorinnposu.hatenablog.com/entry/2017/01/21/230536

 

 

以前書いたように、気分を変えるために思い切って何かしてみようと言うことです
僕の場合散髪でしたが、これでは数ヶ月に1回しかできないのが難点

いつでも気分をリセットできる、汎用性の高いスイッチを作らねばです(笑)

 

 

 

3.ブログを書く


最近もっぱらブログに頼ってます
以前:「ゆるく生きること」

http://ooorinnposu.hatenablog.com/entry/2017/01/27/223004

 


この最後に書いたように、僕はブログを自分の思考を可視化するツールとして利用しています

思っていることを文章化し、そこから分析することができます

 


普段考えたことなんかはすぐ消えてしまいがちですが、ブログに書き残すことで後日再考も可能です

また意図的に考える状況を作るため、思考力のアップにもなるんじゃないかな〜なんて思ってます(笑)

 

 

 

まとめ

 

不安やモヤモヤとは縁が切れないものです
そこで無理に消そうとしたり、その状態が悪いものだと思わず、自分の心を見直すチャンスだと思って、一度じっくり向き合ってみます


自分の心を冷静に分析するのはとっても難しいです
しかし少しでも向き合うことで、より良い精神状態にしてあげることができます

バイトをやめた理由

考え方

 

 

こんばんは、おりんです

 


僕は3年の夏からバイトをしていません
実家という環境のおかげでもありますが、それでもしないのはかなりの貯金があるからです(笑)
そんな冗談は置いといて、、

 


今日は僕のバイトの経験と、やめた理由について書きたいと思います

 


・バイトのきっかけ


いきなりですが僕は生まれてから成人するまで、真面目街道まっしぐらでした(笑)


高校はバイト禁止、大学1年時は学祭実行委員会と部活の兼任で時間がなかったのでしていませんでした

学祭終了後、実行委員会を脱退しバイトを探します

 


そこで、バイト先のオープニングスタッフ募集のチラシに出会い即応募しました

 

 

そして某リユースショップの店員として働くことになったのです

 


・お仕事


バイト先は二階建ての大きなリユースショップでした


リユースショップは中古商品の買取、販売が主な業務です

しかしバイト先は特殊で、1階と2階の業務が異なり
1階は中古商品の買取、ゲーム販売、レンタル業務
2階は中古商品の販売業務
となっており、実質2つのお店が一緒になっている感じでした

 

 

僕は趣味を活かすことができるのが強みとなり、楽器、ホビー担当となり、とてもワクワクでした

 


が!!!

 


1階でレンタル、ゲーム販売業務をすることに(笑)

 


あと1階では買取の受付などもあるため、ほぼ接客メインの仕事でした

かなり地獄でした!!笑

 

 

2、3カ月で、やっと2階で中古商品のメンテ、売り場作りなど作業も任されるようになりました
(1階に呼ばれることもありましたが)

 

 


・給与の甘い罠


バイトを始めると、すぐに毎月数万円振り込まれることに快感を覚えました
口座の数値が増えることにどハマりしてしまい、すっかり社畜化しました

 

 

お金を使うこともなくひたすら貯金するタイプのため、なんの意味も持たず漠然と稼いでは貯金を繰り返すようになります

 


そうして貯金がかなりの額になり、周囲の羨望の目にも快感を覚え始めると、バイト熱はエスカレート

寝る間を惜しんで可能な限りバイトしてました(笑)

 

 


・心身への負担


貯金のためバイトを続けて数ヶ月、時給制で稼ぐためにシフトを入れまくったので、ある程度業務をこなせるようになりました

 

 

すると業務量は必然的に増えます
人手不足も深刻で、担当外の家電、日用品まで任されるようになりました
(時給は上がらず)

 

 

徐々に疲れが取れないまま、深夜に帰宅し、昼まで寝て出勤するように
平日2日と、土日をバイトに費やしていたため、ほとんど休む暇もなくストレスで余裕を失い冷静な判断もできなくなりました

 

 


社畜からの脱出


3年に上がる頃、軽音楽部の部長になり部活を優先しだしたため、バイトから少し距離を置くことになりました

 

 

そこで冷静になることができ、漠然と稼ぎたいという気持ちが消滅し、少しずつシフトを減らしました


完全にバイト熱は覚めましたが、月に数日入る状態でした

 

 


・突然の退職


辞めるきっかけになったのは初夏に、
髙坂勝さんの『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』を読んだことです
ミニマリズムの考えに触れて、自分にとっての足るを知りました

 


そこからはダラダラ続けてるのももったいないと思い、シフトの提出と契約更新手続きのタイミングで辞めました

無言で辞めてしまったので本当に申し訳なかったです

 

 


・それから


現在、9月から5ヶ月間バイトはしていません

 


生活は貯金でまかない、それなりに楽しんでいます

今後は短期バイトをメインに、必要な分だけ稼いでいきます

 

 


・まとめ

 

ほとんどの人はバイトで金銭を稼ぐと思います

 


しかしバイトとは時間の切り売りであり、お金と引換に大事な時間を失っています

バイトでいくら貯金を貯めたところで、なんの自慢にもなりません
対価に時間を支払っているので当たり前の結果なだけです

 


バイトは自分のやりたいことを実現するための経験や、金銭を得るための手段として上手く付き合ってください