さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

有松山車まつりと有松天満社秋季大祭


f:id:ooorinnposu:20171002225542j:image

こんばんは、おりんです。
10/1(日)に有松へ行ってまいりました!

お目当ては有松天満社の秋季大祭、有松山車祭りです!

 

 

 

・有松天満社の秋季大祭

f:id:ooorinnposu:20171002225700j:image
毎年10月の第一日曜日に行われています。
有松駅から歩いてスグ、有松の街並みは大賑わいでした!

 

ちなみにこのお祭り、平成26年名古屋市の指定無形民俗文化財に登録されています。

 

■山車とカラクリ

f:id:ooorinnposu:20171002225734j:image
メインの出し物は、3台の山車!
東町の布袋車、中町の唐子車、西町の神功皇后車が町を練り歩きます。


各山車にはカラクリがおり、移動中も動いていました。

古いものでは1674年には既に作られていたそう。
いちばん新しいもので1873年に作られています。


そんな歴史のある3台の山車を、各町の人たちが引っ張って有松鳴海絞会館の駐車場に並べます。

 

その際、5t以上もある山車を傾け方向転換することで並べていきます。
男衆の方達が叫びながら渾身の力で持ち上げ、山車を動かす姿には観客も拍手喝采!
f:id:ooorinnposu:20171002225752j:image

 

山車が並べられたところで説明?が入ります。
(ザワザワで聞こえませんでした!)

 

その後、山車の上にあるカラクリの演舞が始まります。
f:id:ooorinnposu:20171002225906j:image

 

■有松山車会館

ちなみに祭りで使われる山車は、有松鳴海絞会館の先にある有松山車会館にて展示されています。

 

毎年3台のうち1台を定期的に交代して展示している他、有松の大祭の歴史資料も見ることができます。

 

土日祝のみ会館しており、大人200円子ども100円となっております。

 

■夜祭

有松山車まつりは2部構成
今回行ったのは10時から14時の昼の部でした。

 

18時から21時の夜の部では、提灯飾り仕様の山車が町を練り歩き、カラクリ演舞も行うそうです。

 

 

・有松天満社

有松山車まつりが大きく取り上げられていますが、このお祭り「有松天満社の秋季大祭」でもあります。

というわけで、有松天満社へも行ってまいりました!

f:id:ooorinnposu:20171002230116j:image

鳥居をくぐった先には屋台がズラリ!
雰囲気はアットホームな神社のお祭りです。

 

屋台を抜けると、すごく長い階段が!
上まで登ると広場に出て、その先には本殿があります。

 

本殿では菅原道真公が祀られております。
また横には牛の石像が右1頭、左2頭の計3頭おり、筆を使い牛を撫でるとその部位が良くなるそう。

 

実際にお参りをして、牛を撫でて来ました。
帰りは登ってきた階段を下りますが、傾斜が急だったのでちょっと怖いかもです。

 

 

・まとめ

以前来たところでも、改めて行ってみると知らない一面を見ることができて、良さを再発見できました。

 

ちなみに有松天満社へは有松駅を西に向かいます。
山車会館や有松鳴海絞会館のある東側に注目しがちでしたが、西側にも注目できるポイントがありました!

 

ゲストハウスMADOもスグそこにあります。
f:id:ooorinnposu:20171002230228j:image

 

前に行ったところでも、あえてシチュエーションを変えて行けばさらに楽しめます!

皆さんもお出かけを楽しんでください!

 

秋におすすめのお出かけスポットはこちら!

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 

 

オトクにお出かけするなら名鉄フリー切符が付く旅行プランも!

 

ooorinnposu.hatenablog.com