さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

『ミニマリストの部屋づくり』は、ミニマリズムについて学べる入門書!ムダを減らして余裕を作れば楽に生きられるよ!

 f:id:ooorinnposu:20170816221256j:image
こんにちは、おりんです。
おふみさんの『ミニマリストの部屋づくり』を読みました。
まだまだ話題のミニマリストですが、誤解も多いもの。

 

そこで紹介したいのは、この本です。
おふみさんの本はイラストが多く、漫画感覚でイメージしやすいと思います。

内容も一人暮らしさんや、主婦には嬉しい掃除のマメ知識盛りだくさん!
一家に一冊欲しくなる、そんな本です。

 

・内容紹介

chapter1ではモノの選び方、手放し方についてです。
衣類・家具・趣味用品など、モノごとに処分法やリサイクル法を紹介しています。


モノを持つ段階から、フィルターを通して厳選するクセを付けると、お気に入りに囲まれた生活ができると思いました。
ちなみに僕の行っている企画、一日一捨も紹介されていました。

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 


chapter2ではさらに踏み込んで、収納法について触れています。
収納法はミニマリストでなくとも真似できる内容が満載!
今すぐにでも試したくなります!

 

chapter3では部屋の飾り方。
ミニマリスト部屋のガラリとしたイメージを崩す工夫が満載です。
スッキリとした部屋に、お気に入りを足していく。
個性の演出とともに、おしゃれに見えるポイントも勉強になります。
また掃除法や管理法まで、実用的な内容もバッチリ押さえられてます。

 

chapter4は習慣
日々の暮らしで意識していることを、モノに限らず紹介しています。
モーニングページも紹介されていました。
(※朝起きたら3ページ、頭に思い浮かんだことをなんでもいいから書き出す取り組み。脳をスッキリさせる効果がある。)

 

ミニマリストになるメリット

さて、ここでまずは「ミニマリスト」になることは、具体的にどんなメリットがあるか考えます。

 

まず、ミニマリスト」とは「最小限主義者」のこと

とすると最低限の生活をしていると誤解されがち。


大事なのは「自分にとっての」必要最低限とは何か
これを理解している者こそが、真にミニマリストだと思います。

 

それはつまり「足るを知ること」(またか!笑)
自分にとって必要なモノを残し、不要を削る
これはモノに限らず、人間関係にも言えます。

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 

 

これこそがミニマリストであり、基準となる「最小限」は本人次第です!


前置きが長くなりましたがメリットは「ゆるく生きられる」

ことだと思います。


例えばこのツイート

自分にとって無駄が多いと、精神も時間も、お金まで奪われます。
ならばそれらを削る、そして必要なものにつぎ込んだ方が有意義!

 

余計なモノが減ると、時間に余裕が生まれます!
するとモノの管理から解放され、心にも余裕が生まれる
結果、その余裕は自分に向くんです!

 

余裕のないカツカツな生活よりは、余裕のあるユルユルな生活の方がいいと思いませんか?

※僕の言うゆるさは、だらけることじゃないです。
詳しくはコチラ

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 


・ゆるく考える

次は実践的な話に移ります。

まず、捨てるのも使うのも無理はしません。

捨てるのにはエネルギーがいります。
片付けがうまく行かない時もあるでしょう。
そういう時は無理に捨てません。

 

また気に入らないものを使うのもエネルギーがいるもの。
「せっかく買ったし、もらったし」は、本当にお気に入りを使えていないから、使ってても心が踊りません。
無理に使ってるなと思ったら手放しましょう。

 

また、ただ効率化するだけじゃなく、ゆるさも残します。
それが「愛すべき不用品」

確かに生活には最低限あればいいです。
でも生活には不要だけど、「自分にとって大切なモノ」もあるはず

 

それは残します!
なぜなら、それこそが「自分を象徴するもの」なんじゃないでしょうか!

 

ただ捨てるのはミニマリストの本質ではありません。
減らす中に、いかに「自分にとってのお気に入り」を見つけられるか。
これが大事なのです!

 

・代用する

本書では消耗品(靴下、タオルなど)の管理についても触れています。

だいたい何年周期で買い換えているかも載ってるので、参考にしてみてもいいと思います!

 

さて、中でも特に気になったのが代用
捨てる前に、雑巾替わりにしたりはよくやりますよね?


これってつまり、モノの本来の機能に縛られなくていいってことだと思います!


柔軟に考えれば、他の使い方が見えてくるんです。

そうすれば、意外と専用品は不要だと気づきます。
すると、モノは持たなくてよくなるんです!


結局、ミニマリズムは引き算が大事!
例えば洗剤も、衣類、食器、トイレ用など用途別になっていて、それを使うのが当たり前
だけど「汚れを落とす」ことが目的ならば石鹸で充分なはず!

今ならオールインワンもありますしね!


ちなみに『20代で隠居』では、重曹で基本的にOKな生活!
詳しくはコチラ!

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 

 

・まとめ

ミニマリズムとは、不要なものを引き算していくこと。
そしてそれは余裕を生み出し、残ったものをさらに輝かせます!

 

今の時代、ヘタに勤めて使い潰されるよりは、
ミニマリズムでムダを減らし、お気に入りのコミュニティで、好きなことをする時間を少しでも多く作った方がいいです!

 

ooorinnposu.hatenablog.com

 

 

人生を楽しくするゲームのルールだと思って、ぜひ読んで取り入れてみてください。