さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

ポイントはたった3つ!大切な思い出の品を確実に断捨離できる方法

 f:id:ooorinnposu:20170807214852p:image

掃除の天敵といえば、何を思い浮かべますか?
ガンコ汚れ、溜まったモノ、面倒くさい気持ち、、


これらと戦っている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください!

これであなたもミニマリスト? 一日一捨で断捨離習慣を作る! - さざ波のような日々

 

 

さて、掃除の真の天敵
それは思い出の品です!!

 

片付け中にアルバム見返したり、お土産を懐かしんだりしてませんか?
わかります、やっちゃいますよね!笑
そのせいで全く進まないなんてことも

 

そんな思い出の品をどう対処すればいいのか、、


答えは簡単!!
3つのポイントを意識するだけ!
これであなたも片付けマスターです!!

 


・片付けの天敵、思い出の品

なぜ天敵なのかって?
まず、思い出の品は捨てづらいんです!!笑
頂き物、特に雑貨類は置き場所も限られるし、、
(食べ物だとありがたいなあ笑)

 

基本、物は買わない僕ですが
(余計なものにお金使いたくない笑)
思い出の品は本当に悩みますね。


さらに、いざ捨てようとすれば思い出に浸ってしまう!笑
懐かしんでる合間に時間は過ぎていき、気づけば1日終わってたなんてことも、、

 

まさしく最強の天敵ですね、、
では早速、片付けの3ポイントを紹介します。


①モノに「向き合う」

思い出というだけで、捨てるハードルは上がります。
だからまず、向き合いましょう。
懐かしさに浸っても構いません。

 

そして、本当に手元に必要かを考えます。


無理して捨てる必要はもちろんありませんよ!

でも、よく確認してみて下さい。
冷静に考えればしょうもないモノだったりしませんか?




大事にとって置いたモノたちです。
すぐに捨てられるわけではありませんから、まずはじっくり向き合いましょう。


②一日一捨

さて、先ほどじっくり向き合うと言いました。
しかし一気に片付けようとすれば、思い出に浸り過ぎて作業が進みません。
そこで毎日1個、確実に減らしていきましょう!


詳しくはこちらの記事も参考にして下さい。

これであなたもミニマリスト? 一日一捨で断捨離習慣を作る! - さざ波のような日々

 

1日1個、じっくり時間をとって構いません。
しっかり向き合う時間を作れるので、本当に必要かを考えてください!

1日1個だけなので手間がかからず、捨てるハードルを極限まで下げられます。

 


③捨てる以外の方法を考える

1日1個じっくり向き合い、自分にとって不要だったとしましょう。
でもいざ捨てるとなれば、ためらうモノもあるはずです!


人からのプレゼントなんかは、特に申し訳ないですよね。

そこで、捨てる以外の方法を使いましょう!!


・リメイクして再利用

エコですし手元に残ります。
実用品にすれば、満足いくまで使い込んで悔いなく捨てられるでしょう!


・写真によるデータ化

モノを手放しても、データとして保存がききます!
手紙や写真などの保存に適しています。
また雑貨類もデータとして残して、手放す方法もできます。

 

モノ以外の方法で、思い出を残しておきましょう!


・他人への譲渡・転売

ゴミにしたくないモノを手放す方法です。
BOOKOFFなどのリユースショップや、メルカリなどのフリマアプリが利用できます!

お小遣いにもなりますし、自分の手元を離れても利用者がいるので安心です!

 

また、親戚やご近所さんに譲るのもアリですね!
僕も子供服やおもちゃはよく譲り合いしてました!


・まとめ

思い出の品に対処する3つのポイント

  1. モノに向き合う
  2. 一日一捨
  3. 捨てる以外の方法を考える

(リメイク、データ化、リサイクルなど)


3つのポイントを意識するだけで、溜めていたモノが確実に1個ずつ減っていきます。

 

向き合った結果、捨てたくないと思えたモノは、自分にとって本当に大事なモノになります。
無理に手放す必要は全くありません。
大切にしてあげましょう!

 

ぜひ、自分にとっての大事なモノを厳選して
お気に入りのモノに囲まれた生活を送ってください!