さざ波のような日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

部活が嫌なら早く辞めた方が良き!

こんばんは、おりんです。

5月になって徐々に新生活に慣れてきた頃だと思います。
明日からはゴールデンウィークも始まり学生はワクワクですね。


さて、多くの学生は部活(サークル)に入ってると思います。
野球、サッカーなどの運動部や、書道、美術などの文化部がありますね。
学校によっては聞いたこともないような部活もあるようです。

新歓イベントも徐々に落ち着いてきて、新入生の方もそろそろ入部したんじゃないでしょうか?

これで部活に入った皆さんはもれなくハッピースクールライフですね!!

 

 

 

なわけあるかい!!!笑

 


入ったけど合わない新入生諸君!
嫌だけど我慢している上級生!

そんな人達に解決策です!


やめましょう!!!


・皆入ってる?部活のメリット

多くの学校では部活があります。
1年生は新歓、仮入部を経て所属するのが一般的です。

部活の大きなメリットは、集団に所属できることだと思います。

同じ趣味を共有できるのでクラス以上に仲良くなれますし、
仲間と打ち込めるので楽しく技術を向上できます。
また縦のつながりがあるので、先輩後輩が強いパイプになってくれることもあります。


・継続の重要性

部活はだいたい2~3年続けて、引退が多いんじゃないでしょうか。
運動部だと3年の夏が多いイメージです。
僕の所属していた高校の演劇部では2年の末で引退でした。

 

引退時ってすごい寂しくなるんですよね。
2、3年過ごしたコミュニティからの強制退去って感じで(笑)
だいたいの人がOBOGとして顔を出し続けたりなんかもありますね。

そんな環境にいると部活を続けることって自然と、当たり前になっていきます。

 

また部活の継続には繋がり以外にもメリットが!
「引退まで続けると推薦に繋がる」
これです!!!
この制度があるので、とりあえず所属して名ばかりの継続記録を残す人もいるはずです。


この制度には日本独特の忍耐力評価が根底にあると思います。
皆大好きな「石の上にも三年」
耐える、続ける、努力って大好きですよね?笑
学生時代から成績と並んで、出欠や継続は大きく評価対象になるんです。

 

・でも辛いもんは辛い

ここまで部活のメリットを書いてきました。
友達できて、趣味楽しめて、評価も上がって万々歳だ!!

 

 

なわけあるかい!!

全員万々歳なら苦労しないわ!笑

というわけで、部活に所属しながらも万々歳じゃない君!

辛いなら辞めてしまおう!
無理して引退までいても、感動の涙なんて1滴たりとも出やしないぞ!笑


・継続思考のデメリット

さっきも書きましたが、日本人は「石の上にも三年」が大好きな民族です。
耐える、続ける、努力の重要性は、
幼稚園から始まり社会人になってもなお言われ続けます。

 

確かに継続すること自体は素晴らしいものです!
長年の努力は何かを成し遂げるのには必要不可欠です。
僕はそこに文句があるんじゃない!!


「継続が強制される風潮」
これをやめるべきなんです!!!

 

学生時代の3年間は長くも短い!
たかが3年、されど3年なんです!

3年間続けることは大きな経験になります!


しかし大きな経験は、学校の部活という小さなコミュニティでなくとも出来ます!
今の時代、インターネットでいくらでもつながれる。
むしろインターネットの方が学校より、もっと大人数かつ幅広い世代と関わることができます!

 

・やめたって案外気にしてない

「辞めたいけど引き留めてくる」
「辞めると後が気まずい」

 

気にしちゃダメです!!!

残ったところで熱意もなく、活動に身も入らない。
これでは時間の無駄です。
サクッと辞めて、やりたい事をしちゃいましょう。

 

止める時はしつこかった人達も、案外すぐに忘れてます。

 

というか、会社じゃあるまいし引き止めんな!笑
流動性の低いコミュニティは、人口流出を怖がって縛りがちなんですよね。

「掛け持ちOK」「来たい時に来て楽しむ」
学生ですしこれくらいが楽しむには理想だと思います。


・まとめ

嫌なら早くやめよう!!

 

辞めようか悩む時間が勿体ない!
また、悩むことでストレスを感じ健康に悪影響を与えるかも知れません。

自分に合うことを探す、やる時間は大事です。


所属した部活を楽しめれば文句無しですが、
合わなかったからといってダラダラやるのは勿体ない!

短い3年間を有意義に使うためにも、周りは気にせずバッサリ行きましょう!