さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

挑戦のハードルを下げるべき3つの理由

 

 

こんばんは、おりんです

 

 

以前、やりたいことリストを作り欲望に向き合う!
って言ってたものの、未だに難航中です

 

 

やりたいと思ったことを書き上げ具体化していく

何がしたいか
どうしてやりたいか
いつ、どこで、どのようにするのか

なんて作業をしてました

 

 

でもこれ、全くの無意味だってことに気付いてしまったんです(遅い)

 

 

そこで反省をふまえ、挑戦のハードルを低く設定することのメリットを考えます!

 


1.数をこなせる


僕のやりたいことリスト作りの欠点は、やれるかどうかを分析してしまったことです

 

やりたいことを調べ、自分でもできるか確認する
始める前に予習する

 

 

それってつまり、やってないんですよね!

 

リストアップによりやりたいことが可視化出来ても、やる前に厳選してしまっては意味がなかったんです

 

 

前回、厳選は必要なものもあると書いた通り、確かに考えるべきものもあります

 

  1. ぽっと出の余計なもの
  2. 周りがやってるからといったもの
  3. 初期投資が高額なもの

これらは冷静になって、一度しっかり考えるべきです

 

 

しかし、これ以外のものに関しては御託なしにやってみるべきでした

ということで書いてあるものは片っ端からやってみます!!

 

 

2.失敗が怖くなくなる


挑戦と聞くと、なんだかすごいもので、自分にできるのだろうかとか、失敗したくないとかあれこれ考えてしまいます

 

僕自身、失敗が嫌な面もあり、事前学習で切り捨てて予防線を張っていたのでしょう
厳選したと言いながら、挑戦の機会を減らしてました

 


本来なら、成功失敗関係なくやるべきでした
調べてやった気になり、「それやりたかった(やろうとしてた)」なんて言ってては、単なる口だけ人間ですね

 


やりたいことをやって出る結果は一つ
楽しいか楽しくないかです
そう考えると、そもそも失敗なんてないような気さえしてきます

 

 

試食感覚で良かったんです
「あっ、美味しい!買おう」
「んー、いまいち!遠慮しとく」
たったこれだけのことでした


気を張りすぎてもろくな結果になりませんし、これくらいで丁度いいのかもしれないですね


結局解釈の問題で、ゆるく考えれば失敗に悩まされることもなくなると考えました

 


3.経験を積める


ハードルを下げることで色々な体験に手が出せる
ということは、手を出したことに関しては経験者になれます

 

 

もちろん始めただけでは初心者ですし、そこ大きな顔をするのは恥ずかしいヤツですね
また、あれこれ中途半端でもいけません

 

 

しかし、しない理由にはなりません
合わなければ損切りすればいいだけです

 

やってみた結果、続けるも止めるも自由なんです


やめたにしても、やった上で少なからず経験をしたことにはなります
どんな結果でも経験を積むことが良いのではないでしょうか

 

 

まとめ


挑戦のハードルを下げることで、
1.数をこなせる
2.失敗を恐れなくなる
3.経験を積める
この効果が得られます

 

 

やりたいことリストは、人生のミッションだと思います

考える前に、多くクリアすることで、自分の人生のプレイヤーとして経験値を上げていきたいと思います!