さざ波のような日々

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットに行ってきた

 

 

こんにちは、おりんです。

今回は友人からもらった特別招待券で、名古屋港にあるブルーボネットに行ってきました。

www.wfg-bluebonnet.com

ちなみにこの日(12/25)が年内最後の開園日でした。

 

f:id:ooorinnposu:20161228181903j:plain

 

ただですね、ここ ‘‘名古屋港’’ なんですが…

 

f:id:ooorinnposu:20161228182349j:plain

 

みなさんが想像するであろう名古屋港の対岸なんです。

(ガーデンふ頭から水上バスも出てます)

 

冬季ということもあり、パンフレットのような花畑は見られませんでしたが、それでもとても楽しめるスポットでした。

 

 

まず入ってすぐ思うことは、園内広いしキレイ!!

f:id:ooorinnposu:20161228185749j:plain

 

さすがは名だたるガーデンデザイナー達が手掛けた庭だけあり、素人目で見ても圧巻。

園内には大小さまざまなガーデンが一つ一つテーマを持っているため、終始楽しむことが出来ました。

またシーサイドプロムナードからは名古屋港を一望することもできます。

 

田舎をイメージしたコテージガーデンや、日本の原風景を表現したジャパニーズゾーン、動物型に刈り込まれたトピアリーガーデンなど、花が少ないこの時期でも十分に楽しめる要素が満載でした。

f:id:ooorinnposu:20161228194850j:plain

クマの他にもイルカ、イヌ、ゾウなど色んな種類の動物がいました。

ぜひ探してみてください。

 

 

さて、様々なテーマのガーデンの中でも僕がひときわ気に入ってしまったのがここ。

f:id:ooorinnposu:20161228191321j:plain

モデルガーデンゾーンです。

モデルガーデンゾーンは海外のトップデザイナーが手掛けており、外国の家のお庭にいるかのような作りになってます。

こんなところで優雅にティータイムしたいなあ(園内飲食禁止です)

 

 

ちなみに園内での飲食はセンターハウス内のレストランで出来ます。

テラス席もあるので、春はそちらで食べるのもよさそうだなと思いました。

 

お弁当を用意してピクニックをしたい方は駐車場を挟んだ南エリアでの飲食が可能なので、そちらで楽しむこともできます。

この南エリアは無料で楽しむことが出来るコミュニティガーデンになっているそうです。

今回は時間の都合上行けなかったので、次回はお弁当を持って行ってみたいと思います。

 

 

 

今回ブルーボネットではクリスマスシーズン中のため、園内にはいたるところにサンタさんのオブジェが。

サニーハウス内のシンボルツリー(エンぺルセコイア)もクリスマスツリーの装いで、園内はクリスマスムードに包まれていました。

f:id:ooorinnposu:20161228191845j:plain

 

 

 

ブルーボネットですが、12/26~2/28まで冬季休業に入ります。

開園は来年3月1日からですので、また来年も行きたいと思います。

 

普段から意識して植物に触れる機会があまりないので、植物に触れ合えることができてとても癒される場所でした。

次回はたくさんの花に囲まれた写真を撮れたら良いなあ。

f:id:ooorinnposu:20161228183349j:plain