さざ波のような日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる

挑戦のハードルを下げるべき3つの理由

 

 

こんばんは、おりんです

 

 

以前、やりたいことリストを作り欲望に向き合う!
って言ってたものの、未だに難航中です

 

 

やりたいと思ったことを書き上げ具体化していく

何がしたいか
どうしてやりたいか
いつ、どこで、どのようにするのか

なんて作業をしてました

 

 

でもこれ、全くの無意味だってことに気付いてしまったんです(遅い)

 

 

そこで反省をふまえ、挑戦のハードルを低く設定することのメリットを考えます!

 


1.数をこなせる


僕のやりたいことリスト作りの欠点は、やれるかどうかを分析してしまったことです

 

やりたいことを調べ、自分でもできるか確認する
始める前に予習する

 

 

それってつまり、やってないんですよね!

 

リストアップによりやりたいことが可視化出来ても、やる前に厳選してしまっては意味がなかったんです

 

 

前回、厳選は必要なものもあると書いた通り、確かに考えるべきものもあります

 

  1. ぽっと出の余計なもの
  2. 周りがやってるからといったもの
  3. 初期投資が高額なもの

これらは冷静になって、一度しっかり考えるべきです

 

 

しかし、これ以外のものに関しては御託なしにやってみるべきでした

ということで書いてあるものは片っ端からやってみます!!

 

 

2.失敗が怖くなくなる


挑戦と聞くと、なんだかすごいもので、自分にできるのだろうかとか、失敗したくないとかあれこれ考えてしまいます

 

僕自身、失敗が嫌な面もあり、事前学習で切り捨てて予防線を張っていたのでしょう
厳選したと言いながら、挑戦の機会を減らしてました

 


本来なら、成功失敗関係なくやるべきでした
調べてやった気になり、「それやりたかった(やろうとしてた)」なんて言ってては、単なる口だけ人間ですね

 


やりたいことをやって出る結果は一つ
楽しいか楽しくないかです
そう考えると、そもそも失敗なんてないような気さえしてきます

 

 

試食感覚で良かったんです
「あっ、美味しい!買おう」
「んー、いまいち!遠慮しとく」
たったこれだけのことでした


気を張りすぎてもろくな結果になりませんし、これくらいで丁度いいのかもしれないですね


結局解釈の問題で、ゆるく考えれば失敗に悩まされることもなくなると考えました

 


3.経験を積める


ハードルを下げることで色々な体験に手が出せる
ということは、手を出したことに関しては経験者になれます

 

 

もちろん始めただけでは初心者ですし、そこ大きな顔をするのは恥ずかしいヤツですね
また、あれこれ中途半端でもいけません

 

 

しかし、しない理由にはなりません
合わなければ損切りすればいいだけです

 

やってみた結果、続けるも止めるも自由なんです


やめたにしても、やった上で少なからず経験をしたことにはなります
どんな結果でも経験を積むことが良いのではないでしょうか

 

 

まとめ


挑戦のハードルを下げることで、
1.数をこなせる
2.失敗を恐れなくなる
3.経験を積める
この効果が得られます

 

 

やりたいことリストは、人生のミッションだと思います

考える前に、多くクリアすることで、自分の人生のプレイヤーとして経験値を上げていきたいと思います!

座右の銘は「万物流転」

 

 

こんにちは、おりんです
皆さんには好きな言葉がありますか?
僕は万物流転という言葉が好きです!

 


万物流転はヘラクレイトスが提唱した哲学概念だそうです
詳しい説明は省略します

 

万物流転とは、この世にあるすべてのものは、常に移り変わるということ。

故事ことわざ事典

簡単に言うと「全てのものは絶えず変化する」って意味です
僕がこの言葉が好きな理由は2つあります

 


1.自分が変化してると思える


全てのものは絶えず変化します
全てのものの中には、もちろん人間も含まれているはずです

ということは僕も日々少なからず変わっているということになります

 

 

例えば忙しくて何もできなかった日
そんな時は時間に追われて、自分に使う時間がなかったと後悔する時があります
でも確実に少しだけでも変わっている、そう考えるようになりました

 


自分でも変わってるんだなって思えると、それが自信、日々の原動力につながっていきます

 

もちろん、どう変化するかや、そのスピードはわかりません
でも生きている以上、確実に変化は起きている
そう思うだけで少し楽な気持ちになり、自信も取り戻せるような気がします

 

 

僕は今の自分があまり好きではありません
だからこそいっぱい行動して変わりたい
挑戦して自分に変化を生みたい
その気持ちを後押ししてくれる言葉です

 

 

2.悪い状況はいつか変わる


生きている以上、嫌な思いは誰でもします
特に学校、職場などのコミュニティで悩まされることも多いのではないでしょうか

 

 

僕はそんな時もこの言葉を思い出します
環境もいつかは必ず変わるんです

今辛い状況でも、いつか変わると思えば楽になれるはずです

 


ここでありがちなのが
「自分で変えようとしなきゃ、現状は変わらない」
という意見です

 

 

確かに自分でできることに限界はあるし、本人の変わる気持ちが大きく影響するのも確かです

しかし、それでは気持ちが先行して上手く行かなかったり、焦りで視野が狭くなりがちです

 

 

そんな時こそ、万物流転なのです
無理に変えようとしなくても時間が必ず変えてくれる
そう思うことで現状にこだわらず過ごせるはずです

 

3.良い状況でも変わってしまう


良いこともいつか変わるって、できれば避けたいですよね
良いことは長く、悪いことは短く
そう考えるのが普通です

 

 

しかし、良いことも例外なく変わっていきます

 


自分にとって良い状態が続くと、その状態から抜け出せなくなるのも事実


そんな時にも万物流転
良いことも悪いこともいつか必ず変わる
戒めの意味でもこの言葉を思い出します

 


成功は確かに嬉しいですが、成功にこだわっていては変化に支障をきたします


成功の喜びを捨てるとまでは言いません
ただ、余韻に浸り続けるのではなく、ある程度したらリセットも必要です
そうすることで自身を柔軟に変化させることができると思います

 

また現状よりさらに良い変化をもたらすかも知れません
いかにせよ現状維持を掲げるようではダメだと思います

 

 

まとめ


人は必ず少しずつ変われます
良くも悪くも状況は必ず変わっていきます


そんな中、意識して自分に大きな変化を起こすことで、現状すら変化させてしまう人が、国や社会を大きく変えると思います

 

僕にはそこまで大層な願望はないですが、周りの環境くらいは良い方向に変化させれるよう、自分を少しずつ変えていきます

 

 

変わることが人生だと思うので、現状にしがみつかず、価値観が固定されないよう生きていたいと思います
自分にとって少しでもいい生活が出来るために

日記の効果を上げる4つの構成

 

 

こんばんは、おりんです

今日は起きてからジュウオウジャーとエグゼイドを見ました

その後は部屋掃除と筋トレして、お昼はレポート書いてました

 

 

なーんて感じで1日を記録する日記

何気ない日常を記録するものですが、僕はいくつか工夫を加えてノートに書いてます

 

 

そこで今日は僕の日記の構成と工夫を元に、その効果を紹介します!

 

 

1.起床時間

日記で絶対に必要な情報

それは日にちです

毎日の出来事を記録するものなんで当たり前ですね

 

僕はその項目に起床時間をつけてます

〇月✕日 (△)or△曜日 00:00 起床

こんな感じです

 

この起床時間、毎日つけることで見直した時に1日の流れをスムーズに思い出すことが出来ます

 

 

 

2.ToDoリスト

僕の書き方は少し特殊です

1日の終わりに記録するのは変わらないですが、

ついでに翌日の日にちとToDoリストを先に書いてしまいます!

 

このToDoリストを書くことで翌日の予定を考えやすくできます

またチェックボックスも作っておいて、1日の終わりに反省もできるようにしてあります!

 

週末に見返すことでどれだけ消化できたかを振り返り、次週への反省にしてます

 

 

3.1日の行動

ここでやっと本来の日記です

僕はここはさらっと記録するだけにしてます

行ったとこ、食べたものなんかを書きます

ここは人によって変わりますね

すごく濃いものになるか、ペラッペラの内容になるか

それぞれだとは思いますが、ここはさほど重要ではありません

 

 

4.その日の気づき

これが僕の日記の核です!!

1日の出来事から考えたこと、善し悪しとその反省を必ず絞り出して書くようにしてます

 

思ったことはうまく文章化出来てなくても書いておいて、後々まとめます

最近ではこのブログである程度まとめたものを載せてます

 

自分の考えたことや、1日の反省を文章としてアウトプットしておけば

後々読み返して再考したり、その日の出来事と合わせて詳しく振り返ることもできます

 

 

まとめ

日記はその日の出来事を記録するものですが、出来事だけではもったいないと思います

そこでいくつか構成を作ることで、ただの日記に、自分を高めてくれる効果をプラスできます

 

 

特に考えたことを書いておくと、読み返しの時に成長を感じられたり、逆に変わらない部分が見えてきたりします!

 

 

上記は僕の例ですが、自分流のカスタマイズで楽しく書くのが一番です

毎日の積み重ねて膨大な自分のデータを記録しておけば、就活前に焦って自己分析する必要もないんじゃないでしょうか(笑)

 

是非日記を取り入れて、さらに楽しい日々を送って下さい!!